アトピー肌と保湿

アトピー肌と保湿にはどのような関係性があるのか知っていますか。アトピー性皮膚炎には乾燥が良くなくて、保湿が大切だという話を何となく聞いたことがあるという人は多いかもしれませんが、何故保湿が大切なんでしょうか。

肌に塗るアトピー性皮膚炎の肌の状態は、通常よりも細胞間物資や皮脂の膜が少ないため、常に肌が乾燥している状態にあると言えます。そのため、肌のバリア機能は低下し、さまざまな肌へのダメージを大きく受けることになるため、痒みを伴う湿疹が発生し、その痒みをどうにかするために肌を掻き毟ってしまい、自ら肌のバリアを剥がしてしまうという悪循環に繋がるわけです。そのため、肌バリアを正常に機能させることによって、かゆみや炎症を抑えることがアトピー肌の治療や悪化の予防に繋がると言えます。

肌の乾燥を抑えるためには、清潔を保つための入浴がとても重要です。丁寧に洗うことが大切ですが、ゴシゴシと力強く洗ってしまうと、肌のバリア機能が落ちてしまう恐れがあります。たっぷり泡を泡立てて、素手で肌を撫でるように洗うと肌に優しく体を洗うことができます。また、入浴後の保湿も忘れずに行ってください。保湿剤はなるべく刺激の弱いものを選び、薄く体全体に伸ばしていくように優しく塗っていきましょう。ちなみに、アトピーケア商品通販“みんなの肌潤糖”では、基礎化粧品の使用前に砂糖の力で肌への浸透や保湿力を保持してくれる商品を販売しています。乾燥になりにくい商品を販売しているので、こちらも参考にしてみてください。