アトピー肌と保湿

Posted on 2018-02-16

アトピー肌と保湿にはどのような関係性があるのか知っていますか。アトピー性皮膚炎には乾燥が良くなくて、保湿が大切だという話を何となく聞いたことがあるという人は多いかもしれませんが、何故保湿が大切なんでしょうか。

肌に塗るアトピー性皮膚炎の肌の状態は、通常よりも細胞間物資や皮脂の膜が少ないため、常に肌が乾燥している状態にあると言えます。そのため、肌のバリア機能は低下し、さまざまな肌へのダメージを大きく受けることになるため、痒みを伴う湿疹が発生し、その痒みをどうにかするために肌を掻き毟ってしまい、自ら肌のバリアを剥がしてしまうという悪循環に繋がるわけです。そのため、肌バリアを正常に機能させることによって、かゆみや炎症を抑えることがアトピー肌の治療や悪化の予防に繋がると言えます。

肌の乾燥を抑えるためには、清潔を保つための入浴がとても重要です。丁寧に洗うことが大切ですが、ゴシゴシと力強く洗ってしまうと、肌のバリア機能が落ちてしまう恐れがあります。たっぷり泡を泡立てて、素手で肌を撫でるように洗うと肌に優しく体を洗うことができます。また、入浴後の保湿も忘れずに行ってください。保湿剤はなるべく刺激の弱いものを選び、薄く体全体に伸ばしていくように優しく塗っていきましょう。ちなみに、アトピーケア商品通販“みんなの肌潤糖”では、基礎化粧品の使用前に砂糖の力で肌への浸透や保湿力を保持してくれる商品を販売しています。乾燥になりにくい商品を販売しているので、こちらも参考にしてみてください。

アトピー肌の治療

Posted on 2018-02-13

先生実際にアトピー肌になってしまったらどうすればよいのでしょうか。生活習慣など、さまざまなポイントにどれだけ気をつけていても、なってしまう可能性があるアトピー肌。辛い症状を抑える有効な方法はあるのでしょうか。

まず肝心なポイントは、早めにお医者さんからの問診を受けておくことです。症状が重くなる前に病院に行くことで治療の対策も立てることができますし、何よりアトピー肌の症状が重くなる前に進行を止めることができます。強い痒みがある、ブツブツができている、肌が常に乾燥している、症状が一進一退を繰り返している、顔や耳、肘、膝、腿の裏や脇の下などの湿疹ができている、家族も同じような症状を持っているなどの場合はセルフケアをせずに専門医へ相談しましょう。

アレルギー反応が出ているアトピー肌は、肌バリアが何らかの原因で機能していない状態といえます。治療に関しては、その肌バリアを正常な状態に戻してあげることが重要なポイントになるため、炎症を鎮める効果があるステロイド薬などの薬を使います。痒い部位を掻く行為が治療の妨げになるため、薬にはその痒みを抑えるという大切な役割もあるのです。薬の効き目にも強弱があるので、自分の体に合った薬を使いましょう。

アトピー肌の予防

Posted on 2018-02-06

家の中かゆみに加えて見た目にも出てしまって辛いアトピー性皮膚炎。自分でできる予防法を知っていればアトピー肌になるリスクを減らすことができるかもしれません。一体どうすればアトピー性皮膚炎を予防できるのでしょうか。

アレルギーの原因は人によってそれぞれです。食べ物が原因の場合もありますし、花粉、ダニやダニの死骸、ホコリやチリ、ペットの毛やフケなどがアレルギーに繋がることもあります。ですのでこれらを部屋からできるだけ追い出すことが重要になっていきます。

具体的にはどのようにすれば良いのでしょうか。まず、部屋は一日一回掃除機をかけるのが理想的です。その他のテレビの裏やタンスの上など、ホコリの溜まりやすいところも、まめにクリーニングするように心がけましょう。また、換気も頻繁にすることで空気が入れ替えられます。湿度は50%以下、室温は20度から25度程度がダニなどが繁殖しにくく過ごしやすい気温といえるでしょう

先ほども書いた通り、アレルギーの原因は多種多様です。そのため、原因について神経質になり過ぎることは、ストレスなど生活に悪影響を及ぼす可能性があります。ですので、アトピー性皮膚炎の予防に関しては部屋を清潔に保つことから始めることがオススメです。

アトピーの肌トラブル

Posted on 2018-02-05

女性アトピーによる肌トラブルは厄介なものです。強い痒みによって寝ている間にシーツが血で汚れるほど掻き毟ってしまったり、湿疹によって肌の露出をすることができなかったり、さまざまな理由で人々を悩ませます。アトピー肌とはどのようなものなのでしょうか。

アトピー肌の原因は一つではありません。食べ物や、ダニやダニの死骸、ホコリ、ペットの毛やフケといったものも原因の一つとなります。そのため、部屋をなるべく清潔に保つことがアトピー肌の予防に繋がると言えます。部屋の換気もまめに行い、部屋の温度も20度から25度の間を保つと良いでしょう。もしもアトピー肌になってしまったら、なるべく早くお医者さんへいきましょう。かゆみや湿疹、顔や肘、膝の裏などにブツブツができていて、家族も同じような症状が出ていたら要注意です。我慢できる状態であっても、病院へ行くことで治療が早まったり進行を抑える可能性が高くなったります。また、アトピー肌にとって、保湿はとても大切です。アトピー肌の状態というのは、常に肌が乾燥している状態です。この状態は、肌のバリア機能が正常に働いていないため、外部からの刺激にとても弱く、少しのダメージでかゆみなどの炎症を引き起こしやすくなります。このため、常日頃から保湿に対して気を配っておく必要があるのです。また、保湿に関しては入浴する際に肌を優しく洗うことが大切です。ゴシゴシと力強く洗うのでなく、たっぷりの泡で撫でるように優しく洗うようにしましょう。

アトピー肌の人の悩みを解決できるような記事を書かせていただきました。アトピー肌の予防や治療、保湿について知りたい人は是非お読みください。